豊かなココロと卑屈な気持ち ~麗生🖤leopeolily

「ココロが豊かになる言葉」を解釈してみました。言葉1つ、考え方1つで癒されます。ココロ豊かに過ごしましょう。

スポンサーリンク

「挑戦」はあなたがするもの。誰のものでもない。 ~麗生🖤




「言葉1つ」「考え方1つ」でココロ豊かに過ごしましょう。

少し卑屈でごめんなさい_(_^_)_





スポンサーリンク

《挑戦の時、「やめておきなさい」と言われる事がある。そう言う人たちを説得できるのは、「続ける力」ただひとつ。地道にやり続けている君を見て、必ず応援団になってくれるから。》

挑戦はあなたがするものです。誰のものでもありません。 ~麗生(れお)
挑戦


■「この大学受けたい」 → 「受かるわけない」
■「上場企業に就職する」 → 「無理だ」
■「この資格をとる」 → 「向いてないよ」
■「10キロ痩せる」 → 「そんなに食ってんのに?」

何か挑戦しようとすると、必ず「やめておきなさい」と言う人がいる。
何を基準に「無理だ」と言うのかわからないが、とにかく人の挑戦を止めたがる。

●例えば、株などの投資未経験者から「投資用に1000万貸してくれ、元をとって倍にして返す」という類いの話を持ちかけられたら、はっきり「やめとけ」と言える。

●1人暮らしの上、私立大学に通わせる余裕はないけれど、あの方法ならいけるかもしれない、など、無理なことが大半でも、挑戦を応援しようと思うなら、幾つか方法を考えるはずだ。


だが、不思議と個人的に何か挑戦しようとしている人に制動をかける人がいる。

理由は

「あの大学合格したら、自分の方がバカだと思われる」
「あいつごときが上場企業に就職するなど許せない」

など、自分に対する「劣等感」、相手に対する「妬み」にまみれているかららしい。

また、自分に近しい人を馬鹿にし、蔑むことによって、自分の立ち位置を高い方へ保とうと保身に走るのも理由の1つ。

なんとも最低な奴がいるものだ


そんな人に自分の挑戦を宣言し、応援してもらおうなどと思うだろうか?

地道にやり続けてる姿を見せたら応援団になるとでも??


絶対にならない。
なりませんよ。

あなたの挑戦はあなたのものだ。

誰のものでもない。

挑戦のモチベーションを保つ術として「あの人のため」と他人を心にたてるのはいい。


でも。

あなたはあなたのために挑戦するのだから。

挑戦することができたなら、それに向かって集中してほしい。

もくもくと「続ける姿」「地道にやり続ける姿」に、応援する人はたくさんいる。
わざわざ「やめておきなさい」と言う人を納得させようなどと思う必要はない。


あなたの大切な時間を有効に使って、あなた自身の挑戦を果たしてほしい。