豊かなココロと卑屈な気持ち ~麗生🖤leopeolily

「ココロが豊かになる言葉」を解釈してみました。言葉1つ、考え方1つで癒されます。ココロ豊かに過ごしましょう。

スポンサーリンク

「有るもの」で「愉しむ」ココロを持ちながら「やりたいこと」をやってみる。今ある「幸せ」に感謝しよう。 ~麗生♥




「言葉1つ」「考え方1つ」でココロ豊かに過ごしましょう。

少し卑屈でごめんなさい_(_^_)_





スポンサーリンク

《「無いもの」に意識を向けていると「有るもの」を失くしてしまう。「正しく」やろうとすると「愉しむ」ことが出来なくなる。「嫌われない」ように生きていると「やりたいこと」がわからなくなる。「先の心配」をしていると「今の幸せ」を無駄にする。「無難」に生きていると自分を生きられなくなる。》

有るもので愉しむココロを持ちながら、やりたいことをやってみる。今ある幸せに感謝しよう。 ~麗生(れお)
有るものを大切にしよう。

【無いものに意識を向けていると「有るもの」を失くしてしまう。】


いつも親子で暮らしていたが、子の成長に伴って1人が独立した。門出を祝って「いってらっしゃい」と見送ったのに、親は毎日悲しそうな顔をしている。独立した兄弟の写真を見てため息をつき、時おり「淋しい」とつぶやく。独立した兄弟の次の帰省を楽しみにしている。

残ったもう1人の子は思う。
「自分は残って親の元にいるのにな。自分より独立した兄弟の方が大事なんだな。」
と。

親なら、独立して居ない子を憂うより、今目の間にいる子にもっと目を向けてほしい。
「無いもの(子)」に意識を向けていると「有(居)るもの(子)」のココロを失くしてしまう。

【「正しく」やろうとすると「愉しむ」ことが出来なくなる。】

Ⓐの道 👇

舗装されたアスファルトを道なりに正しく進む。ある程度進むと分岐点が現れるが、そこには正しい方向が示されているから問題ない。このまま進めば正しい目的地に到着するだろう。

Ⓑの道 👇

アスファルトの脇には草木が生い茂り、遠くには森が続く。なんだかよくわからないけど、ちょっと行ってみようか。沢を渡ったり、岩壁を這ったり、谷に丸太を掛けて渡ることもあった。動物に遭遇したり、転んで怪我をすることもあった。「アスファルト進めよ」とバカにする奴等もいたが、自分はこの道を進む。近道だろうが遠回りになろうが、目的地に向かって自分の道を愉しんで進む。

あなたはどちらの道を進むのか?




【「嫌われない」ように生きていると「やりたいこと」がわからなくなる。】

嫌われないように生きるというのは、「奴隷になる」ことだ。人格もなく、存在を否認されて、誰かの所有物となって使役される「奴隷」。

嫌われないようにただただ従って「やりたこと」がわからなくなるなんて。
ココロまで支配される人生なんて。
まっぴらごめんだ。

【「先の心配」をしていると「今の幸せ」を無駄にする。】

無駄に心配することの90%は杞憂で終わる。
今日も暑かったと水をガブガブ飲んだ健康体に幸せを感じてほしい。

「無難」に生きていると自分を生きられなくなる。



「ありがとう」という言葉は

「難」が「有」るから「有り難う」


苦しい事も難しいこともなければ
「難」が「無」いから「無難」

今「有る」ものに目を向けて

「愉しむ」ココロを持ちながら

「やりたいこと」をやってみる。

今ある「幸せ」を大切に、

感謝しながら生きれるなら

豊かなココロで過ごせるはずだ。