豊かなココロと卑屈な気持ち ~麗生🖤leopeolily

「ココロが豊かになる言葉」を解釈してみました。言葉1つ、考え方1つで癒されます。ココロ豊かに過ごしましょう。

スポンサーリンク

やってみたら思いがけない才能が開くかもしれない。 ~麗生🖤




「言葉1つ」「考え方1つ」でココロ豊かに過ごしましょう。

少し卑屈でごめんなさい_(_^_)_





スポンサーリンク

《馬に乗れるようになった。何度も練習してスピーチができるようになった。

人はつまづき、転んで立ち上がる事によって強くなる。

新しい挑戦をして少しコケたくらいで「できない」なんて思う事はない。

できるかどうか考えず、まずはやってみること。やってみたら思いがけない才能が開くことだってある。》

やってみたら思いがけない才能が開くかもしれない。~麗生(れお)
才能

器用な人は大抵のことをこなす。

■馬に乗ろうが車を運転しようが、いつの間にやら上手になっている。

■上半身の器用さを求められるスポーツを得意とする人が、足を主軸とするスポーツをやってみても、なかなか上手にできるものだ。

■スポーツ全般得意ではないのに、たった1つのスポーツには神といわれるほどの実力を持つ人もいる。1つに集中し、その1つだけに対して「あれもこれも」手をかけた結果、その世界で「神」と言われるほどの実力者になったのだ。


10年ほど前に放送されたCMがある。
「みんなできる」的なコンセプトで。

「水泳選手がゴルフを」
「プロゴルファーがサッカーを」
「サッカー選手が水泳を」

爽やかに楽しんでいるCMだ。

世界で活躍する選手が登場し、自分の専門以外のスポーツに汗を流す、なんとも素敵なCMだった。自分の専門外のスポーツであんなキラキラな姿を見せられた私は

「自分の世界は1つじゃない、挑戦しよう、つまづくことがなんだっていうんだ」

などど、希望に溢れる気持ちになれた。


スポンサーリンク



もし、あなたもそう思えたなら

「少しコケたくらいで「できない」なんて思わずに、やってみること。」

を実践するといい。


もし、あなたがそう思えないなら

「応援する側にまわればいい」

応援したり、支援することによって、思いがけない才能が開くことだってある。


「がんばること」「挑戦」 などというのがウザい、カッコ悪い、などと思ってしまうなら、もしかしたらあなたは「冷静な人」なのかもしれない。

興奮したその環境の中で、状況を静観し、適切な判断ができるという才能を持っているかもしれない。


「できなさそうなこと」ではなく、「できること」「できそうなこと」に焦点を当てれば卑屈になることなどない。


やってみたらいい。思いがけない才能が開くかもしれない。



スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク