豊かなココロと卑屈な気持ち ~麗生🖤leopeolily

「ココロが豊かになる言葉」を解釈してみました。言葉1つ、考え方1つで癒されます。ココロ豊かに過ごしましょう。

スポンサーリンク

責任にとらわれず、自分を大切にいたわり、我慢せず泣き、幸せを求めて下さい。 ~麗生🖤




「言葉1つ」「考え方1つ」でココロ豊かに過ごしましょう。

少し卑屈でごめんなさい_(_^_)_





スポンサーリンク

《誰かを助けたいと思う気持ちは大切ですが、まず自分をいたわって下さい。みんなに愛されることより、まず自分が幸せになって下さい。人の犠牲にならず、たまには自分を大切にしてあげて下さい。自分が我慢すればいいと思わずに、泣きたい時は泣いて下さい。》

責任にとらわれず、自分を大切にいたわり、我慢せず泣き、幸せを求めて下さい。~麗生(れお)
自分をいたわって大切に。

■「責任」という言葉に縛られていませんか。

自分には責任がある。
責任をもって行動し、実行する。
結果には責任を持つ。

成人した人が行動するすべての事柄には責任が伴う。これは当然そうではあるけれど、責任を感じる時間の何倍もの時を、のんびり開放的に過ごせていますか?

■あなたに貼られたレッテル通りに生きる責任

あなたの本来の姿がどうであれ、人はあなたを判断して人物像を形成する。
他人があなたの人物像をどうやって形成するかというと、見た目だったり、少し話をした時の印象っだったり、あなたのステータスだったり環境だったり。なんとなく情報を受け取った側の印象で、勝手に人物像を作り上げる。「勝手に」というには少々強引だとしても、それらの情報を総合的に組み合わせてあなたを「○○な人」と大雑把に、時には少し細かく分析してあなたという人を作り上げる。


スポンサーリンク


○真面目でストイックな人
○美しさを保つための努力を惜しまない人
○人を助けたいというボランティア精神に富んだ人
○いつも華やかでかわいらしく、みんなに愛される人

こういったレッテルは、時にあなたを苦しめる。
みんなの期待に沿えるよう、大衆が作り上げた人物像を演じる。少し違う面を出そうものなら「意外だ」と驚かれ、褒められ、時にはがっかりされ、本来の自分とのちょっとしたズレにさまよい苦しむ。

ストイックさも、努力もたまには休みたい、今はボランティアできる精神状態ではない、みんなに愛されなくてもいい。

こんな風に思うときもあるし、本当は色々と大変なのに「楽しんでいる」ことをアピールし、素敵な人生を歩んでいるかのように振る舞わなければならない、そう思ってしまう。
一度アウトローなレッテルを貼られたら、真面目に生きることなど許さない、と思い込んでしまう。

こんなレッテル、くそくらえだ。


コロナ渦の影響で、世間の目はまだ内にこもりがちだ。内にこもって楽しめることを探し、人はどんどん内側の世界へ入り、個の状態で何かをしようとしている。今、誰かを助けたいを思っても、直接手を貸すことができない。インターネットを介したサポートは多くあるものの、直接人と会うにはまだ戸惑いが残る。人同士が直接相対して生きてきた人たちの世界が元に戻るには、まだまだ時間がかかりそうだ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク


真面目で優しい人たちに告ぐ。

今は自分をいたわって大切にして下さい。


◆あなたのように真面目で優しい人が自分を大切にする姿は、人に勇気を与えます。

◆あなたのように真面目で優しい人が自分をいたわれば、人は疲れていることに気づきます。

◆あなたのように真面目で優しい人が自分のために涙を流せば、人は我慢の限界を知ります。

あなたの生きるその世界が、広い世間であっても、家族の中であっても、1つの組織の中であっても同じです。

自分をいたわって大切にして下さい。

誰かを助けたいと思う気持ちは大切ですが、まず自分をいたわって下さい。みんなに愛されることより、まず自分が幸せになって下さい。人の犠牲にならず、たまには自分を大切にしてあげて下さい。自分が我慢すればいいと思わずに、泣きたい時は泣いて下さい。


どうか

無理をしてでも頑張ってきた自分を褒めてほしい。
自分の中の豊かなココロに触れてほしい。
今は自分を大切にする時だ。